>  > 店によっては簡易シャワーというのもある

店によっては簡易シャワーというのもある

まずはバスルームになります。性感ヘルスのお店によっては簡易シャワーだけなんてところも多いのですけど、ちょっと高めのお店になるとそんなことはありません。バスタブがついているところが多いですからね。最初はシャワーで性感エステの人妻嬢がボディを丹念に洗ってくれます。そのときは私は素っ裸なので当然ちんこタッチもありますよ。このバスプレイでほぼ羞恥心というものがなくなりますから、そういう狙いもあるのでしょうね。スキンシップにはもってこいですから。で、バスタブにもお湯を張っておきます。これは性感向けにお風呂に入れるようにってことですから。最初に性感マッサージをして、それから徐々にヘルスに変わっていくという流れになりますよ。60分コースだったら忙しいですから、性感を高めてヘルスで大発射を目論んでいう人はやっぱり90分コース以上を選択しますよ。中途半端なヘルスですけど、女の子によってはスマタもオッケーみたいなこともありますので、そういう女の子を探す楽しみがありますよ。

風俗は寛容の精神が大事かも

ここのピンクサロンはT駅を出てすぐの雑居ビルの中にあります。受付けはお店の入り口でするようになっていますよ。コースや風俗嬢の指名などが決まったら、セット料金を支払って受付け終了となります。女の子が空いていれば待ち時間もなく、そのまま中に案内されます。待ちがあれば、お店の前の椅子や入り口付近で並んで待機です。夜とかイベントデーではお店の中にも入れずに寒かったり暑い思いをしなくてはいけないんんですよ。もっと待つようなときは、もしくは外出券をもらって、外で時間をつぶすようになりますね。ただ待機時間が30分と言われて1時間以上待たされることもあるかと、思ったらすぐの案内になることがあるので、みんなそれを知っているから外出する人は少ないですよ。お店の中に案内された後は、イソジンうがいと手の消毒をぱぱっと済ませます。これはある意味大事なことですから確実にやりましょう。私もほどなくして席に通されてピンサロ嬢との対面です。地雷風の女の子はここでは見たことがないので安心していますよ。あとはサービスにムラがあるのは仕方がないのでそこは寛容の精神が必要になります。

[ 2017-05-27 ]

カテゴリ: 風俗体験談